まう寸前またちも手

「驚くなよ。親分にはな、三毛だけじゃなく、おまえらに想像できないような外国の高貴な血が流れていなさるんだ。本来なら、お前たちなんか目通りかなわないような立派な方なんだぜ。」 「おお~……!」 「親分、かっこいい~!ひゅ~ひゅ~。」 取り巻きが、新入りの歓迎式でふんぞり返った親分の前墾丁旅遊で厳かに告げていたけど、同じ立場の俺は知っている。それ、俺と同じで「雑種」っていうんだ…

続きを読む

の病れ何や代

「後孔というのが何処かわかるかい?」 「おいどの最奥の菊門、お前のつつましい蕾の事だよ。そこへ男の持ち物を咥え込み、開いたりつぼめたりする。精を吐かせるのは慣れるまでは死ぬより辛い。お前にそNeo skin lab 美容れが出来るかい?」 年少の浅黄をそんな目に遭わせるわけにはいかない。浅黄は家族と別れ、ここまで自分についてきてくれたのだから……と、思った。基尋は固く目をつむった…

続きを読む